温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
はじめに
仕事の関係で昭和初期の調べ物をしていた時のこと。
資料の中に婦人誌の附録のレシピ集がありまして。
最初は参考程度に見ていたレシピ集ですが、その内容の面白さに
だんだんと目が釘付け。

洋食は明治中期には大衆的なものになってはいましたが、
家庭の食卓に上るまでには至ってなかったようです。
そこで料理研究家たちが、どうやったら一般家庭でも洋食に
親しんでもらえるかと思案した結果、
和食に洋食テイストを取り入れるという「和洋折衷」という料理を考案しました。
それが明治後期のことです。

慣れない食材や調味料を使用するせいか
当初はかなり大胆な料理もありましたが、
昭和に入ると用要領を得てきたようで
今でも十分通用するような料理が多くなってきます。
それでもたま〜にチャレンジャーな料理はあったんですね。

で、資料を見ていたときは面白おかしく見ていたのですが、
だんだんと「これってどんな味???」
と、興味のベクトルは味を知りたいという方向に変わり、
もうこれは作って食べるしかないじゃん!
だったら3つ星評価もしちゃってブログで発表しちゃおう!

・・・と、いう訳で。
昭和初期のレシピを中心に、極力レシピにある食材と調味料、
そして当時の手法で料理を再現して食べていこうと思ってます。
いずれは明治期の斬新チックな料理も取り上げたいなと思っています。

ここでひとつ注意事項を。
このブログを作る際に出版元の主婦の友社に問い合わせをしたところ、
もう70年以上前の出版物ということもあり
雑誌・附録の名称、料理名、先生のお名前はOKですが、
レシピの詳細を載せることはNGとのことでしたので、レシピはアウトラインでの説明となります(*)

が、実は元のレシピ自体がレシピとは思えない程に大雑把なものが多々ありまして、
私自身も経験ふまえながら作ってます。
ですから、料理の心得のある方ならここに掲載する作り方でも十分
作れると思います。

・・・ので、興味をもたれた方は是非是非お試しあれ。

〈評価方法〉

☆☆☆(星0個)・・・ん〜、現代人のお口にはちょっと合わないんじゃないかしらん。
★☆☆(星1個)・・・食べられなくはないけど、ちょっとキツイかも。
★★☆(星2個)・・・もんのすごくおいしいってことはないけど、まぁアリかなぁ。
★★★(星3個)・・・たいへんおいしゅうございました♪


(*)今後他の出版社の料理を扱う機会があるかもしれませんが、
著作権に関しては出版社毎に解釈が異なるようですので
これとは違った掲載方法になるかもしれません。
その場合は追って記載致します。


| comments(4) | trackbacks(0) |
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS