温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
牛肉(ぎう)とハムの串焼
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



123
監修:内野佳子先生
主婦之友 昭和十三年一月号附録 『冬の和洋料理千種の作方』より

これは角切りにした牛肉とハムを交互に刺して
バターで焼いたもの。
レモン酢をかけていただきます。

で、食べてみた。

「野菜屑と一緒に炒め焼き」にすると
レシピにあったのですが、
出来上がり写真ではどうも玉葱らしきものが
間に挟まっているように見えたので、
一緒に串刺して「炒め焼き」にしてみました。

まずレモン酢をかけずに一口。
塩、胡椒で下味をつけるなどの指示がなかったので、
なくても大丈夫なのかな?と思ったのですが、
充分美味しいですね。
ハムが塩気をカバーしています。

次にレモン酢をかけて食しましたところ、
こちらはますます美味。
レモンのさっぱり感が味を際立たせます。
レモン酢があったほうが断然美味しいです。

「ハムを一緒では贅沢なやうですが、
かうすると牛肉(ぎう)の脂肪(あぶら)が
外へ出」ないとのことですが、
玉葱なども加えることで
肉やハムの旨みが野菜にぐっと染み込んで
さらに美味しくなると思います。

ところでこの料理、
「冬の料理」というには
旬の食材を取り立てて使っていないように思うのですが、
「贅沢な」ハムや牛肉を使った、
クリスマスや年末年始にお出しできる、
ちょっとした「贅沢な」料理ということで
「冬の料理」としたのかもしれませんね。

この年末年始、みなさんのご家庭でも
おせちの横にちょこっと
この串焼きを添えてみてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★



さてさて。
今年も細々とした更新ではありましたが、
ご愛読くださいましてありがとうございました。
来年も細々とした更新になろうかとは思いますが、
引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
それではみなさま、良いお年を。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/153
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS