温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
鶉玉子(うずらたまご)に胡瓜(きうり)ソース
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



127
監修:東京料理學校講師 柴田十太郎
主婦之友 昭和十年八月号附録『玉子の和洋料理法』より

これは千切りにしたきゅうりを巣に見立ててうずらの玉子を乗せ、
おろしたきゅうりをマヨネーズと合わせ、添えたもの。

マヨネーズは卵黄、塩、芥子、酢、サラダ油で作ります。
きゅうりのおろしは少し水気を絞ってから加えてみました。


で、食べてみた。


きゅうりのマヨネーズはちょっと水っぽいけどさっぱり味で、
コクのあるうずら卵とよく合います。
このマヨネーズの残念なところは
きゅうりにかけると途端に味の面白さがわからなくなること。
きゅうりマヨネーズをしっかりと味わいたいのであれば、
巣には別な食材を使うのをオススメします。

ただ、見た目には緑色でまとめてあって涼しげで、
夏の暑い盛りに食卓にちょこっと出すと喜ばれそうなので、
味に特にこだわらなければ
そのままきゅうりをお使いになってもいいでしょう。

八宝菜を作った後とかに余ったうずらを
こんな風にアレンジしてみてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★☆


追記:後日『近代日本食文化年表』(小菅桂子・著)を見たところ、
「うずら蕎麦」という料理の記述がありました。
大正十四年に話題となったと言われるこの「うずら蕎麦」、
「せいろにのせた『あつもり』のそば汁に
うずらの卵を二個つけた」蕎麦だったそうで。
なぜ話題になったかと言うと、
当時「高級料亭でしか使えなかった高級品」だったうずらを
「大衆的なそばにセット」したからだそうです。
このことから、もしかしたらまだこの頃も
うずらは洒落た食材だったかもしれません。

だとすると、この料理も高級食材を家庭料理に持ち込んだということで
これは目新しい料理だったのかもしれませんね。




 
| comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
写真見たとたんに「汚ねぇ沼に浮かんだ鳥の巣か?」ってつっこもうとしたら、ほぼ制作意図通りでしたので、私の負けです。
| jib | 2011/04/11 2:14 PM |
>jibさん

え〜と、「鳥の巣」の前の表現はともかく(汗)、
ちゃんと「鳥の巣」に見えたのは
作った側としてもよかったです^^;
| nawomayo | 2011/04/12 10:59 PM |
これは、作ってみたいわ。マヨ+キュウリおろしかぁ!人生で1回も考えたこともなかった。
| とら | 2011/04/13 3:13 PM |
>とらさん

考えたことないよね、マヨ+キュウリおろし。
これは手作りマヨで元々ちょっとゆるめだから
こんな感じになってるけど、市販のマヨネーズなら
もう少し硬く仕上がるんじゃないあなあ。
| nawomayo | 2011/04/13 9:55 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/159
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS