温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
茄子と牛蒡の炒め煮
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


 
137
監修:學士曾館精養軒料理長 北川敬三先生
主婦之友 昭和十二年七月号附録 『夏の和洋料理千種の作方』より

これはベーコン、玉葱、牛蒡、茄子を炒めた後、
トマトソースで煮たもの。
塩、胡椒、砂糖で味を調えます。

トマトソースはフライパンでバターとメリケン粉を炒め、
スープで伸ばしたものに、
やわらかく煮た後に裏ごしをして
更に煮詰めたトマトを加えたもの。
主婦之友 昭和七年七月号附録 『お惣菜向きの洋食の作り方三百種』を参考にしました。


で、食べてみた。


美味しいです。
トマトソースのバターの風味とベーコンのコクが
味に奥行きを出しているように思います。
砂糖を入れることでまろかやさも加わったのでは。

また、ごぼうのシャキシャキ感が残っているため、
食材それぞれ違う食感が楽しめます。

トマトソースの代わりに生のトマトを投入してもいいそうです。
それだともっと、はっきりくっきりさっぱりとした味わいに
なっていたかもしれません。
生のトマトを使う場合は胡麻油で炒めると
風味豊かになるのでは。

それにしてもトマトと牛蒡の組み合わせというのは
当時としてはなかなか斬新だったのではないでしょうか。
トマトソースを使うとなると
加えてバター風味のごぼうとなるのですから、
作る奥様もどんな味になるか
ドキドキしながら作っていたのでは。


と、いうことで


★★★

 
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/172
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS