温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ひじきと魚のサラダ

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



143
監修:橋口倉子先生
主婦之友 昭和十三年一月号附録 『冬の和洋料理千種の作方』より

これは軟らかに戻した後、砂糖、塩を加えて煎ったひじきと、
まぐろの缶詰をあわせたもの。

この料理は「色彩(いろどり)の調和が、あまりよくありませんから」、
たっぷりマヨネーズをかけて、青豆(グリンピース)か
花形に切った茹人参(ゆでにんじん)を飾ると
「大變(たいへん)引立」つということですので、
いつものようにマヨネーズソースを作ってかけて、
花形茹人参をあしらって・・・


食べてみた。


美味しいですね。
甘く煎ったひじきは食べやすいので
お子様もパクパク食べられそう。
にんじんは食感や味にも変化をつけていて、
見栄えだけではない活躍をしています。

マヨネーズソースをかなりかけているのに
あっさりさっぱり味なのは、この料理も前回同様、
油を使わずに、煎って味付けしているからなのでは。

ちなみにマヨネーズソースのない状態はこれ。


マヨネーズの有無がわかりずらいかもしれませんが、
よくよく前の写真を見るとひじきがツヤッツヤ。
マヨネーズはもっとぽったりした状態に作って
もったりと盛った方が、おもしろい見た目になったかな。

試しにこの状態で食べてみると
これはこれで美味しいのですが、
ちょっとパサパサした食感で、
味に奥行きがないように思いましたので、
マヨネーズをかけたほうがオススメです。


と、いうことで


★★★

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/179
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS