温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
ベーコン巻ソーセージ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



145
監修:ドロシー・エドガース先生
主婦之友 昭和十二年七月号附録 『夏の和洋料理千種の作方』より

これは煮て擂り潰した鶏の肝臓に、
芥子、パセリのみじん切り、バターを加えて練り合わせたものを
ソーセージに塗り、さらにベーコンを巻いて焼いたもの。
ソーセージは「1本を3つに切り」とあったので、
長いものを切って使用。
赤蕪とパセリを飾ります。

ペーストを塗ったらこんな感じ。


出来上がりを半分にした状態がこれ。



で、食べてみた。


肉の上に肉を巻き、またさらに肉を巻いて焼くという
「親亀の上に小亀を乗せて」状態なこの料理、
最初にベーコン、次にソーセージ、次にレバー、そして最後にバターの味
・・・と思いきや、またレバーの味、バターの味・・・という具合に
めまぐるしく口の中でそれぞれの具剤を味わえて、
大変面白く、そしておいしいです。

また、それぞれの油の旨みのmix加減も美味。
油を使わずに炒めているからでしょうか、
さほど油っぽくもクドくもなくいただけますし、
具剤の油の旨み自体もよく堪能できますね。

ただ、そのせいかベーコンはフライパンにくっつきやすく、
形が崩れやすくなってしまいます。
楊枝を刺して焼くように指示されていましたが、
途中焼きづらくて抜いてしまったのもあるでしょう。
楊枝は最後まで刺しっぱなしで焼くといいですね。
ベーコンはもっとカリカリに焼いたほうが食感の違いを楽しめると思います。

見た目にもインパクトも華やかさもあるこの料理、
クリスマスやお正月などの席で
ぜひ披露してみてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
こりは、ウマそう!
レバーペーストを作る道のりが険しいわ。
レバーペーストすきー。
| とら | 2011/12/09 8:37 PM |
>とら

これは美味しかったよー。レバーペースト好きには
たまらんかった^^
このレバーペーストはカンタンだよ。
茹でて、すり鉢ですり潰して、バターとパセリを加えて
混ぜるだけ。
ホントにレバーとバターとソーセージとベーコンの味しか
しないけど、そのシンプルさがかえって美味しいのだ。
| nawomayo | 2011/12/11 12:18 AM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/181
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS