温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
トマト・シチュー

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


151
監修:ニューパレス 木築龜藏先生
主婦之友 昭和七年七月号附録 『お惣菜向きの洋食の作り方三百種』より

これは湯剥きしたトマトを出汁で煮たもの。
玉葱をバターで炒めたところにトマトを加え、塩、胡椒した後、出汁で煮ます。
仕上げにパセリを散らします。

あまり水っぽいと美味しくないとのことで、
水っぽくなりそうなら煮詰めて「お汁(しる)を干してください」とのことでしたので、
とろとろに煮詰めてみました。


で、食べてみた。


美味しいですね。
トマトそのものの味がぎゅっと前に出つつ、
出汁で煮ることにより、まろやかでやさしい味になっています。
ほんのりバターの風味が味に奥行きを出していますね。
玉葱の甘さもプラスされ、口当たりもとろとろで
とても食べやすいです。

トマトの酸味が気になるようなら重曹を入れてください、と
レシピにありましたが、
昔のトマトは今と違ってもっと青臭かったように記憶していますので
このようなアドバイスを載せたのだと思います。
最近のトマトは甘みがありますので、
重曹は入れなくても大丈夫でしょう。

もうすぐ弥生三月ですが、まだまだ寒い日が続きます。
昨今流行のトマトを使った、こんなモダンなほっこりシチューで
体を温めてみてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★★

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/186
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS