温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
Gランチ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!

http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



160
監修:食餌療法研究所 富山直子先生
主婦之友 昭和七年七月号附録 『お惣菜向きの洋食の作り方三百種』より

さて、今回はランチシリーズより「Gランチ」のご紹介です。
これは蟹の缶詰をバターで炒め、
塩、胡椒、ケチャップ、レモン汁で味付けしたものと、
バターで炒め、塩、胡椒、レモン汁で味付けした胡瓜、
それにご飯と廿日大根を添えたものです。


で、食べてみた。


ほぐし身タイプのカニ缶を使ったのですが、
炒めているうちにどんどん小さくなり、
食べ応えなさ気になってしまったカニを見て、
身のしっかりした缶詰を使えばよかったかな、とか、
缶は鮭でもいいとのことだったので、
鮭にすればよかったかな、などと思っていたのですが、
結果オーライ、味はグー。

バターで炒めたカニは香ばしく、
ケチャップが甘みを引き出し、レモンでちょっとさっぱり味。
ケチャップは隠し味程度に加えるといいでしょう。

カニとご飯を混ぜ合わせてもいいとレシピにあったので、
試しに混ぜご飯にして食べてみたら、これも美味。
カニそぼろご飯といったところでしょうか。
これはオススメ。

バターで炒めた胡瓜は甘みを増して美味しいです。
ささっと炒めてシャキシャキ感を残すのがコツかな。
さっぱりした廿日大根もいいお口直しになっています。

レシピには「お子様方のランチによろしいでせう」と書いてあるのですが、
お子様向けにするなら
ポロポロと崩れやすいカニの混ぜご飯は
俵型やおむすびにした方が食べやすいんじゃないかな。

また廿日大根も見た目としては
この「花形に切つた」状態がかわいいですが、
もう少し薄く切るなどした方が食べやすくなるでしょう。

ささっと手軽に出来る愛らしいGランチ、
この春休みにお子様に作って差し上げてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★★



 
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
子供に食べさすには、贅沢ですな。
なんか、見た目が仏前仕様。
ふっふっふ。
| とら | 2012/03/27 3:13 PM |
>とらさん 確かに贅沢品だよね〜。
実際作ったというより憧れのお食事的なものだったのかも。
そして見た目、言われてみればそんな感じだね〜^^;
廿日大根のせいかしらん。
| nawomayo | 2012/03/27 7:27 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/194
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS