温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
鯖サンドウヰッチ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


164
料理の友 昭和六年十月号 「鯖料理十六種」より

これは塩、胡椒を振った後、酢を入れた湯で煮た鯖に
芥子粉、バターを加えてすり鉢で擂ったものを、
パンに挟んだもの。


で、食べてみた。


若干の生臭さがあるものの、美味しいです。
鯖はバターのコクとぴりっと芥子が効いていますね。
芥子バターをパンに塗るのではなく
鯖に煉り込むことで、
生臭さを消そうとしているのかもしれませんね。

ただ、ちょっとパサパサ感が否めません。
レタスなどのみずみずしい野菜も一緒に挟んだ方が
食べやすくなるんじゃないかな。

鯖は塩焼きを使ってもいいそうですが、
この方が鯖の脂もあって
よりコクのあるサンドイッチになったかもしれませんね。
鯖の脂が苦手な方は茹でた方が食べやすいでしょう。

ちなみに鯖ペーストだけで食べてみましたが、
これだけだと、ほぐした鯖を食べている、という感じ。
パンに挟むことで食材の旨味が引き立つようです。

トルコには焼いた鯖をそのまま挟んだ
「サバサンド」があるらしいのですが、
日本にもこのような「鯖サンド」があったんですね。
ぜひこれからのシーズン、お花見やピクニックのお供にいかがでしょう。


と、いうことで


★★☆
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/198
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS