温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
東洋風のオムレツ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


169
監修:帝國女子專門學校講師 蜂谷麟子先生
主婦之友 昭和十年八月号附録 『玉子の和洋料理法』より

これは挽肉とねぎを出汁、醤油、砂糖、味の素で炒め煮したものを
溶いた玉子と混ぜ合わせ、塩を少し振り、焼いたもの。
油はサラダ油でも胡麻油でもいいとのことでしたが、
ここでは胡麻油を使用しました。
挽肉は何の肉でもいいとのことでしたので、合挽き肉を使用。
付け合せは大根おろしです。

断面はこんな感じ。



で、食べてみた。


美味しいですね。
ねぎと胡麻油が中華風で、
出汁と醤油と大根おろしは和風という、
まさしくオリエンタルな折衷料理ですね。

レシピには「鹽味(しほあぢ)のお嫌ひな方によろしい、
煮出汁(だし)と醤油を使つて作つたオムレツ」とあります。
あくまでも想像ですが、これは単純に塩味が嫌いということではなく、
まだ洋風の味付けに慣れていないがゆえに
塩味をするどく感じて、苦手と思う人がいたということなのかな・・・と。

昭和も十年となると、そろそろ洋食にも馴染みが出る頃かな、と思っていましたが、
まだまだ砂糖や塩のみでの味付けに慣れない人が多かったのかもしれませんね。

そんな視点と「東洋風」というネーミングが面白いなと思って、
今回はこの料理を選んでみました。


と、いうことで


★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/206
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS