温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
マカロニと烏賊
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039



172
監修:大下角一氏夫人 大下あや子先生
主婦之友 昭和七年七月号附録 『お惣菜向きの洋食の作り方三百種』より

これはマカロニとイカをバターで炒め、塩、胡椒で味付けしたもの。
おろしチーズとケチャップを添え、好みでかけます。
イカは炒める前に「ざつと」茹でます。


で、食べてみた。


バターで炒め、塩、胡椒していますが、
味はあっさりしています。
また、「軟(やはら)かに」茹でたマカロニと
軟らかな食感のイカの組み合わせは
やさしい口当たりではありますが、
味もあっさりめということもあり、
ちょっと物足りなさを感じます。

で、味の変化を確かめるべく
まずはケチャップだけをつけてみますと、
甘味と酸味が加わって、大変美味しくなります。
次にチーズだけをつけてみますと、
バターの風味とチーズの風味が相まって、
特にマカロニが美味しくなります。
最後に全部を混ぜ合わせて食べてみたら、
全ての要素が相まって味に奥行きが出て、かなり美味しくなりました

これまで漬けたり干したり煮たりして食べていたイカを
バターで炒めるというのは、かなり新しい調理法だったのでは。
なのでこれは当時としてはモダンなお惣菜だったと思います。
現代ならばここでもうひとつ、違う食感の具剤を入れると
より美味しいお惣菜になるんじゃないかな。

ちなみに今回この料理を選んだ理由なのですが、
「マカロニと烏賊」というネーミングが
なぜか『太陽にほえろ!』のサブタイトルっぽく見えたから。
「マカロニ」しか共通項はないんですけど。あはは。


と、いうことで


なにもつけない状態だと
★☆☆

チーズ、ケチャップを加えると
★★☆


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/209
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS