温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
海老の甘薯酢和え

007
監修・荻窪・桃山 磯野順子先生
主婦之友 昭和十三年一月号附録
       「冬の和洋料理千種の作方」より


これは林檎と塩茹でしたえびを、蒸して(ここでは手抜きして「チン」で)
すりつぶしたさつま芋と共に甘酢で合わせたものです。

で、食べてみた。

・・・すぅ〜〜〜〜っぱいっ!!

レシピには「さつま芋が『どろっと』するまで酢でのばす」とあったけど、
その言葉に忠実に作ろうとすれば相当スッパマンな味になるぐらい
酢を入れることになりそうだったので、適当なところで止めときました。
けど、酸っぱかったぁ〜。
林檎がこれまた相乗効果。噛みしめるたんびにスゥッパ〜イ。

芋とえびの相性はまぁまぁだと思うので、芋は柔らかく煮るとか、
酢は林檎酢にしてみるとか、もうちょと甘味を足すとか、
具材を小さく刻むとか、えびはワインに暫く漬け込むとか、
レーズンの一つも入れてみるとか、の工夫をしたら
ほうら「なんちゃってきんとん」の出来上がりっ。
えびは目出度いし、彩りもきれいだし、なんてったってヘルシーだし。
みなさんの来年のおせちのメニューに加えてみてはいかがでしょう?

と、いうことで

★★☆
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/21
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS