温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
野菜素麺
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


183
監修:岡見道子先生
主婦之友 昭和十二年七月号附録 『夏の和洋料理千種の作方』より


これは素麺の上に炒めた野菜を乗せ、汁をかけたもの。
素麺は茹でた後、バターと塩で手早く炒めます。
野菜は賽の目に切った玉葱、
千に切った人参、椎茸、筍(缶詰のもの)を
ざっとゆがいたものと、輪切りにしたピーマンを
やはりバターと塩で炒めます。
汁はしょうゆと赤砂糖(今回はきび糖を使用)と片栗粉で作ります。
片栗粉はレシピには特に書かれてはいませんでしが、
水で溶いてから混ぜました。


で、食べてみた。


まず、汁のかかっていない素麺をひと口。
バターや塩の味はわかりましたが、
イマイチつかみ所のない感じ。
ところが甘辛のとろみのある汁と食べると
しっかりとしたバターしょうゆ風となり、
たいへん美味しくなりました。

また、野菜と食べることで、それぞれに違う食感を楽しめます。
特に人参と筍のサクッとした歯ざわりはアクセントになっています。
彩りもきれいですね。

既にバターや塩味がついていますし、
素麺自体にも塩気がありますから、
さほど汁をかけなくても味がついているかな、と思いましたが、
意外と薄味でしたので、
汁はもっとたっぷりかけてもいいですね。

もうひとつ、汁をたっぷりかけた方がいい理由がありまして。
麺が固まりやすく、だんご状態になるので
いささか食べずらいのです。
汁を多くかけることで麺が多少はほぐれ、
より食べやすくなると思います。
調理中は、麺や野菜を炒めた時点でしょうゆを足して
最初からバターしょうゆ味にすればいいのに、と思っていたのですが、
あんかけ風にしたのはこういう理由があったからかもしれませんね。

塩気がきいているので、
塩分が足りなくなる夏にぴったりな、
モダンな素麺だと思います。
「若い方々が大喜びのご馳走」であるこの変わり素麺、
暑い夏のお昼の食卓にいかがでしょう。


と、いうことで


★★★

 
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/222
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS