温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
マカロニの寒天寄せ

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


190
監修:岡見道子先生
主婦之友 昭和十二年七月号附録 『夏の和洋料理千種の作方』より


これはマカロニと愼Α淵哀螢鵐圈璽后砲魎天で冷やし固めたもの。
寒天にはトマトの絞り汁、塩を入れます。
荒く切って盛り付けたら、マヨネーズと粉チーズをかけていただきます。

ちなみにマヨネーズや粉チーズをかける前はこんな感じ。



で、食べてみた。

マカロニの柔らかさ、寒天のザクザクとした歯ざわり、
そしてグリーンピースの食感のアクセントのバランスが
たいへん面白い料理です。
マカロニは寒天に入れてから少々煮込むので柔らかくなります。
結果、比べると寒天の方がしっかりした歯ざわりを感じるようになるので、
より食感の差の面白さが表れるように思います。

マヨネーズはいつもどおり手作りなのですが、
今回たまたまレモンを多めに入れたところ、
この料理にバッチグー。
ほのかなトマトの酸味とたいへん合います。
ただ、マヨネーズやチーズをかけても
ちょっと食べてて飽きがくる気がします。
チーズはかけるよりも角切りにして一緒に固めた方が、
より味の変化がつくんじゃないかな。

当時のレシピの中にも
多く登場するマカロニですが、
こういった見栄えのマカロニ料理は珍しかったと思いますので、
当時の人もさぞ驚きを持って見ていたのではないでしょうか。

寒天でぎゅっと纏められたマカロニをぱくっと食べられる、
見た目も味もイタリアンなこの料理、
ぜひ皆様もお試しくださいませ。


と、いうことで


★★☆

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/227
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS