温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
エッグス・レバー
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


191
監修:天野料理家庭塾 天野てるの先生
主婦之友 昭和十年八月号付録 『玉子の和洋料理法』より


これは鶏の肝と玉葱をバターで炒め、
塩、胡椒、味の素で味付けしたものに
フライド・エッグス(半熟玉子でも可)を乗せたもの。
フライド・エッグスにも軽く塩、胡椒をします。
付け合せはトマトのバター炒め。

炒める玉葱は輪切りにした「内側の小さい輪」を使います。
「外側の大きい輪は取り除(の)けておいて、
他(た)の料理に使ふ」とのこと。
鶏の肝は塩と薄切りした玉葱で茹でる、とレシピにあったので、
早速ここで外側の輪を使用しました。


で、食べてみた。


美味しいですね。
バターで炒めたレバーや玉葱は風味がよく、
そのまま食べても美味しいのですが、
玉子の半熟トロトロな黄身と混ぜることで、
より味はまろやかになりつつ、
レバーの味も引き立てられて、かなり美味しいです。

ところでこのフライド・エッグス、
ちょっと大目の油に玉子を落として、
「白身を黄身に被せるやうによせて」焼き上げます。
ですので、本来はもっと丸くゆで卵のような形に仕上がります。
ですが、この目玉焼きもどきの仕上がりでも
端のカリカリした部分が香ばしいので、
半熟玉子でもよし、フライド・エッグスでもよし、
もしくは半熟目玉焼きを乗せてもよし、といったところではないでしょうか。

また、トマトもバターで炒めることで甘みが出て美味しいのですが、
レバーや玉葱、フライド・エッグスで油を使っていますので、
生のままさっぱりと召し上がるのもいいかもしれませんね。

「玉子とレバーは、よく合つて美味しい」と先生も太鼓判を押すこの料理、
みなさまもぜひお作りになってみてはいかがでしょうか。
ミソは半熟トロトロ玉子です。


と、いうことで


★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
久しぶりに食べられるものを作ってくださいましたヾ(^v^)k
私を知らない人へ、誤解の無いように。私は炭水化物を食べない食生活を選択している変人です。
| jib | 2012/09/08 7:05 PM |
〉jibさん

私もコレはjibさんでも食べられる!と
思いながら作ってました^^
レバーと半熟玉子はほんとに美味しいので、ぜひ!

私も夜は炭水化物抜くようにしてますから、
jibさんが変人なら
私は半変人?
| nawomayo | 2012/09/08 11:30 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/228
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS