温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
エッグス・マッシュ・ポテト
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


192
監修:天野料理家庭塾 天野てるの先生
主婦之友 昭和十年八月号付録 『玉子の和洋料理法』より


これはマッシュ・ポテトにゆで卵を乗せたものに
食紅で「桃色くらゐに色をつけ」た白(ホワイト)ソースをかけたもの。
マッシュ・ポテトは裏ごしした馬鈴薯、愼Α淵哀螢鵐圈璽后砲
バター、塩、胡椒、牛乳で練ったもの。
玉子は沸騰した湯で6分ほど煮た後、
「桃色ソース」に入れて「一寸(ちよつと)温め」ます。


で、食べてみた。


美味しいですね。
マッシュ・ポテトは裏ごしした愼Δ離灰が加わって美味。
ホワイトソースをかけると
牛乳の甘みが加わり、より美味です。

それになんといっても
桃色ホワイトソースと愼Ε櫂謄箸凌Гきれいですね。
半分に割ると玉子の黄身や白身とのコントラストもきれいです。
黄身が半熟でつややかな色に仕上がっているので、
よりかわいらしい色合いになっています。

そんなかわいい画像をお見せしたかったのですが、
切ってはみたものの
柔らくて全体が崩れてしまい、
とてもお見せできる出来になりませんでした。
悪しからず。

切ったら崩れてしまうぐらいの柔らかマッシュ・ポテトに
つるんとした白身に包まれた、とろみのある半熟黄身のゆで卵、
そしてそれにかけられたトロトロなホワイトソースの食感の組み合わせも面白い、
愛らしい形をした「お子様向きの玉子料理」なこの一品、
おやつとしてもお子様に喜ばれそうですね。


と、いうことで


★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
これ、イモはまるめてんの?
また、うずたかく盛ったね〜!
おもしろいっ!
| とら | 2012/09/15 10:13 PM |
)とら

まるめるというか、コップの形に作るのだ。
うずたかいことスカイツリーのごとし。
んなこたあない。
ロケットみたいでかわいい形だよね。
| nawomayo | 2012/09/16 5:02 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/229
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS