温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
Unohana dry Curry (卯の花カレー煎り)

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


218
監修:大日本料理研究會
料理の友 昭和三年二月号 
「新しく工夫した卯の花の西洋料理一品料理」より

これはみじん切りした玉葱、牛挽肉をバターで炒め
塩、胡椒したところへ
カレー粉、スープ、おからを入れて炒め煮したもの。
ウスターソース、塩、胡椒で味を整えて、
薄い長方形に切って揚げたパンに乗せていただきます。


で、食べてみた。


まずはカレーおからだけを一口パクリ。
とーっても美味しいです。
カレーの香ばしさがおからと合いますね。
スープを加えることで味に深みが出ると共に
しっとりとした口当たりになり、
食べやすくなっています。

カレーおからだけでも美味しいのですが、
揚げパンと一緒に食べると
パンの甘味や香ばしさ、サクッとした食感などが加わり、
相当美味しくなります。
カレーコロッケにも似た味となるのが面白いですね。

パンは一寸半×二寸(約4.5センチ×約6センチ)の
大きさ一枚が一人前ですが、
カレーおからの分量が
一人前3分の1カップぐらいはあるので、
パンは一人につき3〜4枚用意しても
いいんじゃないかな。
ちなみに写真では2枚使いました。

そしてそして。
本来はパセリを一枝添えるのですが、
またもや思いっきり忘れてしまいました。
みなさんがお作りになるときは
ぜひ添えてくださいませ。
見た目がより引き立つと思います。

昭和三年に既にカレーおからが
考案されていたことにも驚きましたが、
それよりもなによりも
料理名をわざわざローマ字表記にしているのが
昭和モダンだなあ、と思い、
この料理を選びました。

「三日月形のコロトン」を
おからに「立てる」という姿かたちは、
なんとなーく
名曲「月の沙漠」を
思い起こさせましたとさ。


と、いうことで


★★★
 

| comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
ホントっ!レシピを読ませていただいただけでも
美味しいのが判ります!!
食べた感想を聞いて「カレーコロッケ」になるのも…
単品でも揚げパンと一緒でも美味しくいただけるもの
超うなずけます!!

そうなんです三日月型の,気になってました ^^;

飾りも兼ねて食べられる
卯の花に刺すのだったのですね。

| soleil | 2014/03/14 11:58 AM |
soleilさん

三日月型のパン、気になりますよね^^
レシピの中では特に説明がなかったんですが、
カレーおからの色がなんとなく砂漠っぽいかなあって(笑)

これほんと、美味しかったです。
味も見た目もほんとに工夫されてると思います^^
| 山本直味 | 2014/03/14 11:23 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/06/28 12:33 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/268
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS