温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ソーセージ・パイ

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


225
監修:ハリス・ヨシノ
主婦之友 昭和十一年一月号附録 『お客料理全集』
「極く家庭的な洋風のお料理」より

これはソーセージ・ベーコン・林檎・マカロニで
作るパイです。

まずはバターを塗った器に茹でたマカロニを
ぐるぐるぐると敷いて、塩・胡椒。


その上に林檎を敷いて・・・


ソーセージを敷いて・・・


ベーコンを敷く。



本来はさらに林檎・ソーセージ・ベーコンを
重ねますが、器の深さが足りなくて、
ここでマカロニでぐるぐるぐると蓋をして、
塩・胡椒。

ぐるぐる巻いてるうちに
マカロニが割れたり裂けたりしちゃった。
あーあ。

そうやって苦労して巻いたぐるぐるですが、
手を離した瞬間に解けてしまうので
爪楊枝で固定しました。

最後にパン粉を振って、ところどころにバターを乗せて
テンピで焼きます。
テンピといいながらオーブンで焼くんですが。

焼き上がりはこんな感じ。
爪楊枝を抜いても、しっかりマカロニは固まっていました。


これを皿に取り分けて、
塩茹でしてから潰した馬鈴薯と、
塩茹でをした菠薐草を附け合わせます。

マカロニの代りに乾しうどんでもいいそうなので、
そちらも作ってみました。
このようにぐるぐるぐるぐると敷いて・・・。

乾しうどんは細くて嵩も少ないので、
レシピの通り、二重に具材を重ねることができました。


焼き上がりはこんな感じ。
こちらは爪楊枝で固定しなくても大丈夫でした。


皿に盛ったら、こんな感じ。
具材が重なっている状態が
おわかりになりますでしょうか?




で、食べてみた。


蓋のマカロニ、
表面は噛み切れないほど硬く、
内側は軟らかいままという、
なんともいえぬ食感となりました。
焦げた部分はまあまあ香ばしいものの、
いまひとつはっきりとしない味と食感です。

全体としては、味は悪くはないです。
底の部分に敷いた軟らかいマカロニは
ソーセージ、ベーコンとの相性もいいですし、
林檎も程よく火が通っていて甘く、
味のアクセントになってます。
またこの料理、大そうなボリュームがありますが、
林檎があることで幾分食べ応えの
ストロングさが軽減されます。

それにしても、蓋のマカロニの硬い部分が本当に食べずらい。
口の中で引っかかってしまうんですね。
ひとつの料理として、スムーズに食べられない。
パン粉も香ばしく、バターの風味もいいだけに残念です。

ちなみに皿に小分けにするときに
最初は庖丁を使いましたが、
切りきれなかったので
ハサミを縦にしてチョキチョキと
刻んで乗せました。

附け合わせのほうれん草は
ソーセージ&ベーコンで
ちょっと脂っぽくなった口の中をさっぱりとさせてくれます。
馬鈴薯も案外さっぱりと食べられますので、
附け合わせはぜひ用意してください。

さて。
試しに作った乾しうどんの方ですが。
こちらもやはり蓋の部分が硬く焼き上がり、
茹でて戻したのに、また乾してしまったような
歯ごたえとなっています。

そしてマカロニでは相性が割とよかった林檎が
うどんではあまりいい相性になっていない感じ。
胡椒が味を引き締めていましたが、
マカロニほど食材それぞれの
魅力が表現されていなかったようです。
この料理はマカロニで作られた方が
見た目もインパクトがありますし、
味もバランスが取れると思います。

このように焼き上がりや断面がとても面白いので、
お客様にお出しするときは
焼き皿のままテーブルに載せ、
目の前で取り分けたほうが
お客様に楽しんでいただけるのではないでしょうか。


と、いうことで


マカロニで作ったソーセージ・パイ・・・★★☆
干しうどんで作ったソーセージ・パイ・・・★☆☆

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
何ともビミョ〜な感じですね ^^;
食べてみる前のレシピだと,お写真の様子も手伝って
トップはカリカリと,パイのような香ばしいのが
焼き上がるものだと思っていたら…
堅くて食べにくいのも,読ませていただいて
なるほど納得!!
見たこともない長ぁ〜いマカロニを
山本さんが苦労されながらぐるぐるぐるぐるする絵を
思い浮かべてしまいました ^^
| soleil | 2014/04/26 11:08 AM |
soleilさん

はい、もうホントに苦労しました(笑)。
私もパイみたいにカリカリになるのかと
思ったのですが、焼く温度を調節すれば
よかったのかなあ・・・と。
レシピ通りテンピを使うと
焼き上がりが違ったかもしれません。

長ーいマカロニは
輸入食品を扱うお店などに
あるかもしれませんので、
soleilさんもぜひ挑戦してみてください!!
| 山本直味 | 2014/04/27 10:48 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/277
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS