温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
肉うどん

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


261
監修:東京割烹女學校長 秋穂敬子
主婦之友 昭和七年十二月号 「変りうどんの作り方十種」より

まずは合挽肉、水に浸けた後に固く搾った古パン、
塩、胡椒、片栗粉を混ぜ合わせ、木の葉形にしてバターで焼きます。
トマト・ソースは、メリケン粉をバターで炒めて
壜詰トマト・ソース(今回は手製のトマト・ソース)を加えた後、
スープを加えて塩、胡椒で味付け。
この中に焼いた挽肉を入れて煮込み、仕上げに味の素を少々。
うどんをバターで炒めて皿に盛り、
その上に挽肉を乗せ、ソースをかけていただきます。


で、食べてみた。


最初に木の葉型の肉をパクリ。
とーっても軟らかいです。
軟らかすぎて、もわ〜っとした食感と味になってますが、
小さなお子様やお年を召した方には食べやすそうですね。
この挽肉はこの独特な軟らかさが特長なのかな。

トマトソースはもたっとした仕上がりで、
うどんによくからみます。
トマトの酸味がうどんとよく合いますね。
うどんと肉、トマトソースを一緒に食べると食感や味に変化ができ、
さらに美味しくなります。

結構バターを使っていますが、さほどしつこい味にはなっていません。
逆にあっさりとして、やや単調にさえ思える味なので、
バターを多く使わないと大人しい味になっていたかも。

ソースはたっぷりたっぷりかけるのをオススメします。


と、いうことで


★★☆

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
おうどんで作るミートソースみたいな感じですか?
おうどんなので…ミートソースのパセリの代わりに
アサツキとか載せるとキレイですね ^^
お腹空いて来た ^^;


| soleil | 2014/09/16 5:37 PM |
soleilさん

こんばんは^^
ミートソースよりはあっさりしてますが、
イメージとしては近い感じかも。
それにしても「肉うどん」って
ストレートな名前ですよね。
アサツキあるといいですね!
味もしまるかもです^^
| 山本直味 | 2014/09/16 11:14 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/297
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS