温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
大根のトマト煮

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039

249

監修:満田百二氏夫人 満田瀧子
主婦之友 昭和十年十二月号 
「お惣菜向の美味しい大根と豆腐料理」より

これは皮つきのまま二、三分(約6〜9ミリ)に輪切りして茹でた大根を
トマト・ソースで煮たもの。
トマト・ソースはバタで炒めたメリケン粉に
牛乳、大根の煮汁、トマト・ソースを加え、塩、胡椒をします。
大根の煮汁味のホワイトソースに
トマト・ソースを加えるという感じでしょうか。


で、食べてみた。


これは美味しいですね。
皮がついたままなので箸で裂いたりできずに
がぶりと噛みついたのですが、
大根の苦みとトマトの酸味と甘みがよく合います。
バターの風味もいいですね。

コツとしてはしっかり煮込むというか、
トマト・ソースが衣になるように仕上げることでしょう。
トマト・ソースは大根味ホワイトソースが入っているからか
まろやかになっており、
それが大根とよく合うことになった理由かも。
トマトソースだけだと味がとんがってしまっていたかも。

通常でしたら皮は剥くのでしょうが、
皮があることで歯ごたえがよく、
それが食感を与えてより美味しくなっています。

大根は串が刺さるぐらいに煮ましたが、
ちょっと固かったですね。
しっかり軟らかくなるまで煮た方が
より美味しくなったなあ、と思いました。

「大根嫌ひなお子様でも、きつと喜んで召し上がりませう」と
レシピにありますが、
本当にお子様も美味しいと感じてくれる料理だと思います。


と、いうことで


★★★

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
大根の茹で汁を加えるのを読んで
「おっ!やるなぁ」と思いました ^^
トマトとの一体感が期待出来て,マイルドに
なりそう☆
しかし…
やっぱり想像を超える組み合わせでした ^^;
| soleil | 2014/07/28 11:17 AM |
soleilさん

この料理のミソは大根の茹で汁ですよね^^
そうそう、私もこれはすごい組み合わせだなーと
感心して選びました。
ほんと想像を超えてきますよね。
| 山本直味 | 2014/07/28 11:55 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/298
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS