温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
莢隠元のカレー

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039

241

監修:主婦之友社食堂部 川上勝久
主婦之友 昭和六年七月号 「夏の家庭的和洋料理の拵へ方」より

これは「御飯に、莢隠元だけの、気取ったカレー料理」です。
薄く切った玉葱とみじん切りにした生姜をバターで炒め、
そこにカレー粉、メリケン粉を加え、
スープで伸ばして塩味をつけたカレーに
型で抜いた御飯、そして色よく茹でた莢隠元を揃えて並べます。


で、食べてみた。


生姜の入ったサラサラなカレーはあっさりスパイシー。
莢隠元と一緒に食べると
よりさっぱりとした味わいとなります。
まさしく夏の一品といったところ。
莢隠元の歯ざわりもいいですね。

ですが、やはり一本まんまの莢隠元は少々食べずらい。
スプーンをナイフのように使って
キコキコと切り分けて食べましたが、
やはり最初から切ってある方が食べやすいかな。

ただ、♪ありのままの〜姿で盛り付けられた
莢隠元はインパクトがありますよね。
シュールな絵画のようでもあり、
とても趣があるように思います。

この頃に作られたカレーは
前回の玉子のカレー・ライスのように
牛乳で伸ばすものが結構あったので、
その中にあってこのカレーは
かなり大人の味だったのではないでしょうか。


と、いうことで


★★☆

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
山本さんが書いていらっしゃるのと同じこと考えてました!
インゲンが1本まるまるの姿で流れるように並んでいるのは
かなりキレイで「おぉ!!」と思うのですが,カレーはスプーンなので
ちょっと食べにくそうですよね ^^;
さらっとしたスープカレーみたいな感じですか?
オトナ味のさらさらカレー…
興味が出てきました ^^
作ってみようかしら…。
| soleil | 2014/07/19 9:19 AM |
soleilさん

そうなんです。カレーを食べるのに
ナイフを用意するのもナニかと思うので、
最初から切ってあるのが親切だとは思うのですが、
見た目を優先させたところに
美意識を感じるといいますか^^;

スープカレーほどではないけど、
今まで作ってきたカレーよりはサラサラです。
ぜひ莢隠元を添えて作ってみてくださいね^^
| 山本直味 | 2014/07/19 10:29 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/307
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS