温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
松茸と葱のサラダ

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


267
監修:大下あや子
主婦之友 昭和六年十月号 「松茸の和洋料理三十種」より

これは茹でた松茸と葱にマヨネーズを「たつぷり」とかけたもの。
松茸はまるごと茹でてから細く割きます。
マヨネーズは自家製です。
出来上がり写真では上にパセリが振られているように見えたので、
パセリを振って盛り付けました。


で、食べてみた。


さっぱりとして美味しいです。
が、せっかくの松茸の風味が
たっぷりマヨネーズのかげにちょいと隠れてしまいますね。

葱と一緒に食べるとシャリッとした食感や甘味が加わり
さらに美味しくなりますが、
ここでも松茸は葱の存在感に押され気味かな。
けど、食べたあとにふわあっと松茸の香りは残ります。
松茸は茹でると水っぽくもなるので、
焼いてマヨネーズをつけた方が
より松茸の香りや美味しさを楽しめるかなあ。
松茸を焼いた場合は葱もならって焼いた方が
互いの風味をより楽しめるかも。

最初この料理のレシピを見たときに
「なんともったいない食べ方っ!」と思いましたが、
昔は松茸は今よりもたくさん採れていたと聞いたことがあります。
なので今の感覚とはちょっと違って、
庶民でも手に入れやすい食材だったとしたら
こういう食べ方もありだったのかな。
また、マヨネーズをかけることで
いつもの家庭料理よりワンランクアップの
洋風モダンな料理にするという意味合いも
あったのかもしれないなあ・・・と思いました。

いやしかし。
松茸をまるごと茹でたことがなかったので
・・・というか、松茸料理を作るのも今回が初めてだったので、
「いいんだろか、ほんとにまるごと茹でていいんだろか・・・」と
おっかなびっくり及び腰で作りました。


と、いうことで


★★☆

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
山本さんの仰るとおりっ!!
松茸も葱も,焼いた方が美味しそうです^^
こんなふうなお料理を見てると,特に秋の恵みは
七輪を衝動買いしたくなります!
茹でた汁は,お吸い物とかにしたのですか?

| soleil | 2014/10/06 8:47 PM |
soleilさん

これ、焼いた方が美味しいですよね^^
秋の味覚に七輪、いいですよね〜。

茹でた汁はなんにも考えないで
処理しちゃいましたが、
何かに使えたかもですね〜^^;
| 山本直味 | 2014/10/06 11:58 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/323
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS