温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
松茸のトースト

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


265
監修:大下あや子
主婦之友 昭和六年十月号 「松茸の和洋料理三十種」より

これは松茸と挽肉をバターで炒め、
塩、胡椒して水を少々加え、
「どろつとするぐらゐに」煮て、パンの上にのせたもの。
附け合わせは「人参のフリッターと馬鈴薯、パセリ」なのですが、
出来上がり写真では馬鈴薯がどのように
拵えられているかがはっきりとわからず。
それでもなんとなくポテトチップス風に見えたので、
薄切りにして素揚げにしてみました。

ちなみに松茸は他の料理で残ったものや
笠の開いたものでも
いいとのことだったので、
うまいこと味付けがかぶっていたこともあり、

鶏の肝臓の松茸御飯」の附け合わせを
食べずに残して使いまわしをしました。でへへ。



で、食べてみた。


松茸の香りがとても感じられて、
挽肉との相性もいいように思います。
トーストと松茸の相性もバッチリ。
ただ具材がボロボロと零れ落ちて少々食べずらいので、
小麦粉など加えてとろみを付けるなどすると
食べやすくなるかな。

また、もうひとつ何か違う食感があればいいな・・・と思ったのですが、
それを補うのが人参のフリッター。
適度な歯ごたえと甘味が松茸トーストをナイスフォロー。
素揚げの馬鈴薯もホクホク感があって、
こちらもナイスな相乗効果。
パセリは後味をさっぱりさせますね。
附け合わせはぜひ用意してください。

この松茸ブラストーストの組み合わせ、
当時としてはかなり画期的だったのではないでしょうか。


と、いうことで


★★★

 

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
人参をフリッターにするっていうのも,楽しいですよね ^^/
う〜ん…松茸がこんなお料理になるなんて!
大きめに,縦に裂いて…あの繊維の食感を,香りと一緒に
いただくものだと思っていたので,挽肉と合わせたのも含め
すごく美味しそうに見えます!!
山本さんの,ポテチ風お芋の付け合わせもナイスですね ^^☆
| soleil | 2014/10/03 4:07 PM |
soleilさん

人参フリッターは初めて作りましたが
美味しいものですね^^

そうそう、松茸をまさかこんな風に
料理するとは!って感じです。
挽肉もそうですが、パンとの相性も良かったですよ。

ポテチ風ナイスですか?
ありがとうございますー^^
| 山本直味 | 2014/10/03 11:31 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/324
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS