温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
コーン・フライ

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


295
監修:私立神戸衛生病院長 野間きく子
主婦之友 大正十五年六月号 「梅雨季節の野菜西洋料理献立」より

これは豆腐、コーンを擂鉢で擂り、
卵、メリケン粉、塩を入れ、
本来なら胡麻油で揚げますが、
ここでは炒め揚げで。
塩茹でにした馬鈴薯を潰して牛乳で伸ばし、
天火で焼いたものをつけ合わせます。
今回はトースターで焼いてみました。


で、食べてみた。


ふわっふわで美味しいです。
コーンの甘味がいいですね。
ほのかな胡麻油の風味も香ばしいです。
胡麻油にちょっとクセを感じなくもないので、
気になる方はサラダ油でもいいと思います。

味付けは塩のみですが、
充分コーンの甘味があるので大丈夫。
つけ合わせの馬鈴薯が塩味なので、
それでバランスが取れているようにも思います。

そしてコーン・フライはふわふわ食感ですが、
馬鈴薯が表面がこんがり焼けているので、
ここでも食感の違いが出て、バランス。

食感の違いといえば、
コーンを擂ったときも馬鈴薯を潰したときも
こころもち形が残る程度にしてみたので、
そういう意味でもそれぞれに
ぷちぷちコロコロと食感があってよかったかな。

ちなみにカリッカリに焦げてしまったものが
一枚出来てしまったんですが、
実はそのカリカリフライ、
香ばしくって甘味も増して
かなーり美味しかったです。


と、いうことで


★★★

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
美味しそうです(・o・)/
揚げ物は…
極々少量の油でフライパンで焼いて
フタをして中まで加熱しています。
なので、山本さんのコーンフライ…
炒め揚げなのでやれそうです(^^)
ぎゅ〜っと加熱した、甘いコーンバージョンで
やってみたいです(*^^*)

| soleil | 2014/11/27 11:55 PM |
soleilさん

なるほど!フタをしているんですね。
私も不頃は炒め揚げですが、
フタはしてなかったです。
今度から参考にさせていただきますねー^^
ぜひぜひコーン・フライ、お試しを!
| 山本直味 | 2014/11/28 10:05 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/352
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS