温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ハム うどのサラダ巻 生姜 ソース
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


310
監修:溝口直子
料理の友 昭和四年八月号 「直ぐに間に合ふビールのお肴」より

これはハム、うど、生姜をサラダ菜で巻くというもの。
ウスターソースでいただきます。

ハムの代りは鶏肉や豚肉でもよいとのことで、
その場合はバターで炒めてください、とありましたので、
バターで炒めた鶏肉と豚肉も用意。
また、「ハムと鶏肉、豚肉などを挽肉にして」もよいそうで。
ただ、「ハムと鶏肉」は一緒に挽肉にすればいいのだろうと思いましたが、
豚肉もハム&鶏肉と一緒にした方がいいのか、
それとも単品で挽肉にした方がいいのかをちょっと迷い、
結果、豚肉単品としました。
挽肉はそれぞれ、包丁で叩いて作ってあります。

ちなみにサラダ菜の中身はこんな感じ。
これはハム&うど。


これは右がバターで炒めた豚肉、
左がバターで炒めた鶏肉。


こちらは右が豚挽肉。
左がハム&鶏挽肉です。



で、食べてみた。


まずは基本のハム&うどを。
生姜がさっぱり感を際立たせていて、
うどとのバランスもよく、美味しいです。
うどは酢に漬けてから巻きますが、
その酢が効いていますね。

また、スパイシーなソースが意外とうどに合います。
ハムの塩気も味を広げていますね。
単純な組み合わせに見えていろんな味が楽しめて、
なんといってもうどのシャキシャキ感がグー。

次に豚バター炒め&うどを。
こちらもさっぱりと食べられるけど、
ちょっと塩気が欲しいですね。
バターだけだと少々物足りないかも。

鶏バター炒め&うどは軟らかな鶏の食感と
シャキシャキうどの食感の組み合わせがいいですね。
こちらはバターが効いています。

そして豚挽肉&うどですが、豚バター炒めと比べると
同じ豚でもこちらの方がより味も食感もいいように思います。
挽肉にすることで、よりバターが肉にからむのかな。

最後に鶏挽肉とハム&うど。
挽肉にしたことで、もちっとなった鶏の食感と
うどの食感の組み合わせが、これまたいいですね。
バターの風味やハムの塩気もいい感じです。

さて、このサラダ巻。
きれいに巻いて撮影しようと
かなり頑張ってみたいのですが、
巻いたはしからサラダ菜がペロンと元に戻ってしまい、
うまくクルンとなりません。
あれこれかなり四苦八苦しながら撮影しましたが、
全然きれいな盛付けになっていなくて
お恥ずかしい・・・。

実際に召し上がる時も巻いた状態で食卓に出すより、
葉と具材を別々にして、食べるときに巻いた方が
食べやすいと思います。

「夏向の誠に美味しいビールのお肴です。」とレシピにありましたが、
爽やかでシャキシャキしてスパイシーな味は
ちょっとポカポカしてきた春でも
楽しめるんじゃないかなって思います。

それにしてもうどをサラダ菜で巻いて、
さらにソースをつけるなんて
当時としてはかなり新しい料理だったのではないでしょうか。


と、いうことで全体としては


★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
この何種類ものパターンを作る山本さんの様子が浮かんで
楽しく嬉しくなりました( ̄▽ ̄)/
ウスターソースって、スパイスやフルーツ、
野菜とか、素材のかたまりみたいなものだから
調味料として使うのがいいと聞いたことがあって
サラダみたいな素材を楽しむお料理の、調味料には
思いがけない効果があるのかも(≧▽≦)
苦さを中和するのに…
ブタ挽き肉バター炒めバージョンを作ってみたいです(^^)
サラダ菜…最近あまり見ないので、レタス系になってしまうかも(^^;
| soleil | 2015/03/02 3:11 AM |
soleilさん

ありがとうございます〜。
汗をかきかき作りました^^;

ソース、なるほど、調味料的に使うといいのですね。納得。
この食材の組み合わせにはとてもよい味でしたよ。
巻き巻きする葉っぱもいろいろと試してみてくださいませ。
サラダ菠薐草なんかもいいかもです^^
| 山本直味 | 2015/03/02 11:04 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/370
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS