温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ボックスランチ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


319
監修:中村雪枝夫人
主婦之友 昭和十三年六月号 「手軽に出来る美味しいお八つ四種類」より

これは食パンを刳りぬいたところに
挽肉を詰めたもの。
挽肉は玉葱とバタで炒めて塩、胡椒、
メリケン粉、牛乳、卵を加えます。
火にかけたまま玉子を加えるので
玉子を単独で入れてしまうと固まるかも、と思い、
あらかじめ牛乳と混ぜてから加えました。
パンをこんがり焼いた中に肉を詰め、
茹玉子の白身と裏漉しした黄身を飾ります。


で、食べてみた。


実は挽肉は牛を使うところを
(またもや)間違って豚肉を使ってしまいましたが、美味。

牛乳で甘味がつき、玉子でコクの出た肉はとってもパンに合います。
なんちゃってホワイトソース和えなので、
本格的ホワイトソースよりも
クドくなく食べられますね。
この肉はサンドイッチにしてもよさそうだし、
ピロシキみたいに中に包んで揚げパンのようにして
いただいても美味しいと思います。
裏漉しの黄身はもう少し飾ってもよかったかな。

残念だったのは写真撮影をしている間に
パンが少々冷めてしまい、
そのためにパンが切りずらく、
ゆえに食べずらくなってしまったこと。
焼き立てのパンにさささっと肉や玉子を盛り付けて
アツアツのところをサクサクっといただくのがオススメです。

「若い人好みのボックスランチ。」と
先生はおっしゃっていますが、
お八つなのにランチとは、これいかに。
それはまあさておき、
本当に若い人が好みそうな味です。

こういうふうに
パンを刳りぬいて料理にするという手法は
この頃から紹介されていたのですね。
当時としてはかなり斬新な、
若者向けに考えられた若者感あふれる料理に
映ったんじゃないかな。


と、いうことで


★★★

 
| comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
お味が想像出来て,とても美味しそうです!!
画像だと,超厚切りのパンに見えますが,どのくらいの厚みがあるのですか?
今の時代でも,カフェめしに出てきそうなステキなお料理ですね ^^
中の具材トッピングが変わって,カフェの日替わりランチとかになりそう♪
| soleil | 2015/06/05 3:23 PM |
soleilさん

これ、実は結構前に作ったものなので
あんまし覚えてないのですが(汗)、
確かパン屋さんにお願いして
4分の1斤を買ってきたと思います。
そうそう、カフェランチにありそうですよね。
けど昭和初期から紹介されてたっていうのが
びっくりでした。
| 山本直味 | 2015/06/05 11:08 PM |
お久しぶりです。
昨日テレビで銀座のサンドイッチ屋さんを紹介していたのですが 見てて このパンを思い出しました。
中をくり抜かないのですが サンドの具をのせて
さらに同じ厚さのパンを重ねる。。。どうやって食べるんだろう。。。と心配なくらいの厚さ。。。
歌舞伎座の近くだそうで 行列が出来てましたよ。
| totte | 2015/06/06 6:01 PM |
totteさん

お久しぶりです!
調べてみました。
東銀座の「アメリカン」というお店ですね、きっと。
画像を見たら、ほんとにすごい厚み・・・。
インパクトはあちらのサンドイッチの方が
すごいかな、と思いますが、
このパンを連想していただけて嬉しいです。
今も昔も分厚いパンとたっぷりの具材って
魅力的ってことですね。
| 山本直味 | 2015/06/06 10:41 PM |
今銀座では分厚いサンドイッチがブームなのですね
最近ダイエットしているので
炭水化物を極力控えているのですが、分厚いサンドイッチを思いっきり食べたいです〜笑

恐れ入ります、何卒ご教示くださいませ。
最近昭和14年の料理本を手に入れてふと気づいたのですが、
当時の日本は料理に「にんにく」を使う事はなかったのでしょうか?洋食ならわかるのですが、中華料理(しかもなかなか本格的な肉料理なども)にも全く使われていないのでとても不思議に感じています。今なら中華料理でしたらにんにくは殆ど何にでも入っていますよね。
山本さまがこれまでお作りになられたお料理で、にんにくを使ったものはございましたでしょうか?突然で本当に恐れ入りますが、ご教示の程何卒よろしくお願いいたします。
| 漣 | 2015/06/16 3:30 PM |
漣さん

分厚いサンドイッチはダイエット中でも魅力的ですよね^^

にんにくは確かにあまり出てこないように思います。
あの匂いが当時としてはまだまだキツイものだったのかも。
それでもいくつか再現してます。

私のブログの右側にSearch this site.と書いた
空欄があると思います。
(下にSearchと書いてある空欄)
そこに「ニンニク」と入れてSearchしてみてください。
ニンニク料理が出てくると思います。

よろしくお願いいたします。
| 山本直味 | 2015/06/16 10:22 PM |
早速のご返信ありがとうございました!
検索できるようになっていたとは知らず、お手数をおかけして大変失礼しました。
早速検索してみましたが、確かにいくつかの料理に使われていますね。でも「にんにくゼリー」は凄そ〜〜〜笑、お菓子に使うとはすごいアイデアですね。
ということは、戦前の中華料理には全くにんにくが使われていないということは、当時は本場中国でそういう味付けだったのかもしれませんね。大変勉強させていただきました。ありがとうございます。
| 漣 | 2015/06/17 9:52 AM |
追伸ですみません、
近々拙ブログで戦前の中華料理をアップする予定ですが、
本文中でニンニクについてお教えいただいた内容でこちらの貴ブログにリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。
| 漣 | 2015/06/17 12:57 PM |
漣さん

いえいえ、地味にちょこんと検索システムが
あるから一見わからないかもです^^;
にんにくゼリーは今思い出しても
なかなかの味でした。

リンクは全く構いません。
ありがとうございます。
けど漣さんのお料理は私のと比べて
はるかに上手ですから、
ちょっとお恥ずかしい気もいたします。
よろしくお願いします。
| 山本直味 | 2015/06/17 10:35 PM |
本日、拙ブログの本文中で
貴ブログにリンクさせていただきました。
先日はいろいろご教示いただき
本当にありがとうございました。

料理ですが、食べるのは好きなのですが
手の込んだものはなかなか・・・しかも盛り付けが・・・
ブログに載せるときは、もう器の力で
なんとかしている感じです、笑。
| 漣 | 2015/06/24 7:00 PM |
漣さん

ご連絡をありがとうございます。
ご教示なんてそんなそんなとんでもないです。
ブログを拝見しました。
今回も美味しそう!
盛り付け、お上手だと思います。

器って大事だと思うんです、料理にとって。
漣さんがお持ちの器を
どんどんお使いになって
お料理をたくさんアップされるといいと思います。
これからも頑張ってください!
| 山本直味 | 2015/06/25 10:15 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/379
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS