温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
季節向のIランチ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


329
監修:三井銀行員 山中一氏夫人 山中雅子
主婦之友 昭和十一年九月号 「手輕に出来る家庭向ランチの作り方」より

これは「しゆんの鯵の空揚と、
胡瓜にマヨネーズをかけたもの、
他にトマトや茹で玉子をあしらつた、
和洋折衷のランチです。」

「鯵の空揚」は小鯵(大鯵なら二つにきつて)に
メリケン粉をまぶして揚げます。
今回は小鯵を丸々使ってみました。
「胡瓜のマヨネーズかけ」は
軽く塩揉みした胡瓜をぎゅっと絞り、
マヨネーズをかけたもの。
マヨネーズは自家製です。


で、食べてみた。


皿に乗っているのは到って普通の空揚、
普通の野菜、そして普通の白ごはんですが、
組み合わせ方が面白いですね。
魚にトマトの附け合わせは、当時モダンに思われていたのか、
この頃のレシピではわりとよく目にするように感じます。
今見ると素朴な組み合わせのように見えますが、
当時としてはなかなかにモダンなワンプレートランチだったのかも。
それぞれに食感の違う食材を組み合わせたというのがグーですね。

また香ばしい鯵にさっぱり胡瓜がとてもいいお口直し。
ただ、塩味胡瓜に、さらにマヨネーズでは
ちょっとしょっぱい気もしました。
色どり的に胡瓜にマヨネーズというのはきれいですが、
味的にはマヨネーズを玉子にかけてもよかったかも。

「一人前十錢くらゐで召上がれ」るというこのランチ、
ぜひみなさまもお作りになって、
当時の和洋折衷メニューを体感してみてはいかがでしょう。


と、いうことで


★★☆
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/389
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS