温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
鯖の鹽(しほ)むしさつまソース
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


333
監修:村井政善
味の素本舗 株式会社鈴木商店出版部
大正十五年十月発行 大正十六年『新家庭日記』より

これは強く塩を振った鯖を蒸して
さつま芋のソースをかけたもの。
さつま芋ソースは茹でたさつま芋を裏漉しして
牛乳、しょうがの搾り汁、塩を加えて作ります。


で、食べてみた。


これは面白い味ですね。
塩をきかせた鯖と甘さ抑え目でやさしい味のさつまソースが
とてもよく合います。
しょうが汁がピリリとアクセントとなり、
鯖の生臭さも気になりません。
ソースはたっぷりとかけて、
鯖の身にたっぷりからめていただくのをおすすめします。

トロトロなソースと鯖の食感の組み合わせも
ちょっと食べたことのない感じで何ともユニーク。
さつま芋で作ったソースを鯖にかけるという組み合わせを
大正末期に考えついていたというのが
これまた何ともモダンですね。

ちなみにさつまソースはそのまま食べてもなかなかの美味。
もしかすると当時はそのまま
スイーツとして食べてた人がいたかも、かも。


と、いうことで


★★★

 
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
いや〜お味の想像が全くつきません〜笑
ポテトの方はジンジャー味というのはわかるのですが
それに蒸し鯖の取り合わせはすごいです
鯖がちょっと甘くなるのでしょうか?
| 漣 | 2015/10/24 7:37 PM |
漣さん

甘しょっぱいっという感じに
近い味になると思います。
最近ポテトチップスや柿の種に
チョコのコーティングをする
甘塩辛いお菓子がありますが、
それのはしりかもしれません(笑)。

ほんとによくこんな組み合わせを
考えて実行したなあと感心します。
村井先生は結構アバンギャルドな
料理を考案されていると思います。
| 山本直味 | 2015/10/25 11:39 AM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/394
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS