温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
フライド・パイ 二種
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


345
監修:大下あや子
主婦之友 昭和九年八月号附録 『おやつ向きの和洋菓子の作り方』より

上は「フライド・アップル・パイ」。
砂糖を加えてさっと火を通し、
シナモンをふりかけた林檎を
パイ皮に挟んで揚げたもの。
下は「ジャム入りフライド・パイ」。
こちらはジャムをパイ皮に挟んで揚げたもの。
ジャムは「何なりとお好みのものでよろしいでせう。」とのことなので、
サンドウイッチ・フリッター」でも使った梅ジャムを挟みました。
パイ皮は「蜜柑ゼリー・パイ」の余りを利用してます。
ちなみに先生は「フライド・アップル・パイ」のレシピで、
「これは、パイを作つたときなど、その殘りの皮を
利用するのによいのです」とおっしゃっています。
もちろん皮を新しく作ってもオッケーです。

そして中身はこんな感じ。
右が「ジャム入りフライド・パイ」で、
左が「フライド・アップル・パイ」。


「フライド・アップル・パイ」は
これにパイ皮をもう一枚重ね、
「ジャム入りフライド・パイ」は
二つ折りにして、
それぞれパイ皮が重なる部分に水を塗って貼り合わせ、
フォークで押して押し目をつけてから揚げます。


で、食べてみた。


まずは「フライド・アップル・パイ」をパクリ。
普通のアップル・パイよりは油っぽさを感じはしますが、
林檎の酸味とシナモンの風味で
油っぽさが軽減されていて美味しいですね。
揚げたパイ皮は存在感が大きいのですが、
林檎がこれまたパイ皮に負けない存在感を示しているので、
お互いのバランスがいいように思います。

次に「ジャム入りフライド・パイ」をパクリ。
こちらは逆に油っぽさが目立ちますね。
酸味のある梅ジャムを使っているので
まだあっさりと食べられますが、
これが甘々なジャムだと
ちょっと胃にもたれちゃうかも。

元々パイ皮にはたくさんバターを使っているので、
それをさらに油で揚げるとなると
結構な油加減になるのでは・・・と思ってはいましたが、
包む中身によって印象が変わってきますね。

また、揚げパイはサクサク感を期待したのですが、
少し時間が経ってから食べたせいか、
しっとりめな食感でした。
加えて冷めてしまうと
油っぽさを余計に感じる気がするので、
揚げた端からぱっぱと食べていくのがいいのかも。
もしくはトースターで温めなおすと
サクッと軽い食感になるかもしれないですね。


と、いうことで


フライド・アップル・パイ・・・★★★
ジャム入りフライド・パイ・・・★★☆
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/407
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS