温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
レモン・クッキース
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


356
監修:後藤澄子
主婦之友 昭和九年八月号附録 『おやつ向きの和洋菓子の作り方』より

これは
1.メリケン粉にベーキング・パウダーを合わせ、ふるう。
2.バタ、砂糖、卵黄、卵白をかき混ぜる
3.2に粉類、レモンエッセンス、レモンの皮のすりおろしを加える。
4.平らに伸ばし、好みの型で抜き、水で薄めた卵黄を塗り、
テンピで焼く。
と、いうもの。

型抜きをするとレシピにはありますが、
出来上がり図では短冊型に焼きあがっていたので、
ここでも短冊型に切って、
170度のオーブンで15分ほど焼きました。


で、食べてみた。


これは美味しいですね。
一口目はレモンの味が薄く、バターの香りの方が強いなあって印象でしたが、
食べていくうちにレモンがしっかりとわかるようになります。

また、レモン風味を生かすためか甘さが控えめなのですが、
これがいいですね。
レモンの香りも甘さも程よい感じなので、
味に飽きることなくサクサクパクパクといただけます。
この当時としては、とても品のいい、
モダンなお菓子だったのではないでしょうか。
爽やかな味なので、今の時期にぴったりなお菓子なんじゃないかなって思います。


と、いうことで


★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
こんばんは、お久しぶりです。
順を追って読んでますが、今回はとても美味しそうですね。どこかの地方でお土産として売ってそうな雰囲気のお菓子ではないかと勝手に想像しています。レモンの皮をするのは、和食に柚子を使いますよね。お菓子に転換しているのは、素晴らしいアイデアだと思いました。
素朴な疑問ですが、よくバターが出てきますが、保存はどうしていたのでしょう。冷蔵庫無いですよね。後今回もテンピを使ってますね。本当に画期的です。今年は小さいですけど蒸し器を手に入れました。昔からあるコンロにのせるやつですけど、一人でお芋蒸したり、肉まん蒸したり、楽しいです。先日大阪に行って551の豚まんを購入したので、おやつに重宝してます。
こちらは最近は氷点下です、先生も風邪などひかぬようにお気をつけてくださいまし。
| Masaki | 2016/12/12 11:07 PM |
Masakiさん

こんにちは。お返事が遅くなってしまってすみません。。。

このクッキーは美味しかったです。
かなりモダンな雰囲気でいいですよね。

さて、バターの件ですが、ちょっと資料がすぐに
出てこなくて正確なことが言えないのですが、
確か新聞紙に包んで冷暗所に置くと持つ、みたいな
記事があったように思います。
冷蔵庫のある家庭は少なかったと思いますが、
今ほど気温が暑くなかったんじゃないかな・・・と
思いますので、冬なら多少日持ちしていたのかもしれません。

551の豚まんは聞いたことあります。
寒くなると豚まんが美味しいですよね。

Masakiさんもくれぐれも風邪には気を付けてくださいね^^
| 山本直味 | 2016/12/15 3:10 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/411
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS