温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
パンのプッティング
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


354
監修:金森久美子
主婦之友 昭和九年八月号附録 『おやつ向きの和洋菓子の作り方』より


これは
1.パンを柱に切って皿に並べ、
ジャムまたはマーマレード(ここではマーマレード)を塗り、
ところどころにバタを置く。

こんな感じで。

2.さらにパンを反対方向に重ね、
カスタード・ソースをかけ、テンピで
「上にちよつと燒目がつくまで」蒸し焼きにする。
3.あたたかいうちに小皿に取りわけ、
レモン・ソースをかける。
と、いうもの。

カスタード・ソースは玉子、砂糖、塩を合わせたところに
温めた牛乳を少しずつ混ぜて火にかけ、
火から下したのち、ヴァニラエッセンスを加えたもの。

レモン・ソースはコーンスターチ、砂糖、熱湯を混ぜて煮て、
火から下したらバタ、レモン汁、レモンの皮を
細く切ったものを加えて作ります。

最初170度のオーブンで40分ほど焼きましたが、
焼き色がつかなかったので、
さらに温度を180度に上げて10分焼きました。

ソースをかけたらこんな感じ。



で、食べてみた。


まずはレモンソースをかけずにパクリ。
これは美味しいですね。
パンのミルク浸し玉子風。
ん?何を言ってるか、わからないかな?
つまり、フレンチトーストのようなお菓子みたーい、と言いたかったのであります。
パンとカスタードがふやけて、食感がプリンっぽいと言えば、プリンっぽい。
マーマレードのほんのり酸味が味のアクセントになっています。

次にレモンソースをかけて、パクリ。
レモンの爽やかさが美味しいですね。
マーマレードとも相まって爽やかの相乗効果を生んでいます。
レモンの皮も食感や味にアクセントを与えていて、
ソースをかけた方が味がよりしまって美味しくなります。
ソースをかけずに食べても美味しいのですが、
どこか味がぶわっとふくらむ印象。
ソースをかける方がオススメです。
このレモンソースはパンケーキなどにも合うかも。

ちなみにレモンソースをかけると、何故か
レア―チーズケーキのような風味にもなります。

「パンの片端(きれはし)や古いパンが溜つたとき、
お作りください。」と、先生はおっしゃっています。
硬くなったパンをいかに美味しく食べるか、という
工夫のつまったお菓子でもあるのですね。
耳の部分がサクっとするのが
これまた美味しかったです。
ぜひ焼き目がつくほど焼いて、お召し上がりを。


と、いうことで


★★★
 
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
こんばんは
さてさて今回もとはいえ新参者ですが、隅から隅までじっくりと読ませていただきました。
まずびっくり?レシピに焼き目がつくまでとあって、当時オーブンが既にそんなに普及しているのかと。かまどの時代だと思っていたので。そうしたらテンピ!?調べました。なかなかダイナミックな調理器具ですね。先生のお宅はオーブンはあるのですか?やはり当時のお料理を再現されてるのだから、あえて一般的な台所で調理されてるのですかね。
カスタードに卵が入っているので焼き目がつくとは思いますが、やはり180℃には設定には賛成します。
そしてレモンソースのコーンスターチ。これにも驚きです。片栗粉ではないのですね。コーンスターチの需要があったことに驚きました。やはりこちらも普及していって、様々な料理への使い道が考えられていたと思うとワクワクしますね。
そうそう、前回の砂糖の話しですが、調べたら紀元前まで行っちゃいました(笑)日本の砂糖いえば和三盆のような砂糖ですが、こちらもやはり文明開化で普及したようで白糖が広まったみたいです。新しい物が好きな日本人ですから、先生が探求されている昭和初期はいろんなきっかけがあったと思います。
という言い訳で、今夜は炊き込みご飯と野沢菜食べて寝ます。
| Masaki | 2016/06/13 4:07 AM |
Masakiさん

こんにちは。お返事が遅くなってしまってすみません〜。

テンピは昭和半ばまでは使われていた器具だと思います。
私は中学の家庭科で習ったような、使ったことがあるような・・・。
私はオーブンレンジで作ってます。
テンピがあればいいなとは思うんですけど。
食材の焼き上がり方が違うんですよね。

コーンスターチもどこまで普及していたかは
定かではないのですが、ただ当時から
紹介はされていたというのは確かにオドロキですよね。

そして砂糖をお調べになったのですね。
すごいです!
これからもいろいろと教えてください。
よろしくお願いします。
| 山本直味 | 2016/06/19 9:47 AM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/413
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS