温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
白隠元のコロッケ
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


347
監修:放送局ニュートン・エドガース氏夫人 ドロシー・エドガース
主婦之友 昭和九年八月号 「夏の洋食一品料理十五種」より

これは茹でた白隠元を擂り潰したところに
牛乳、生パン粉、酢、玉子、塩、胡椒を混ぜて、
「フライ鍋の底にひたひたぐらゐに
バタか油を入れ」て焼いたもの。
今回はサラダ油を使いました。
キャベツの千切りを合わせ、
トマト・ケチャップをかけてすすめます。


で、食べてみた。


上品な味ですね。
あっさりした甘味の白隠元をたっぷりしっかり味わえます。
ジャガイモのようなほくほく感もいいですね。
そしてケチャップとの相性がグー。
これはバターで焼いても美味しいかも。

本来なら「すつかり擂り潰」すのですが、
全部潰してしまわずに
少々形が残る状態で焼いてみたところ、
食感に変化が出て、より豆のほくほく感も楽しめました。
潰し具合はお好みでいいのかも。

タネには酢を入れてますが、酢の味はわからないです。
酢は味付けというよりは、もしかしたら当時の豆の味に
なにかクセのようなものがあって、
そのクセを解消ために入れてたのかなあ、と推測してみたり。

ちなみにタネはとても軟かく、
「ひたひたぐらゐ」の油を引いたフライパンに落としただけで
すぐにボロッと崩れてしまい、ひっくり返すのにも一苦労。
焼くのに骨が折れます。
この感じは昔作った「豚挽肉と馬鈴薯」と一緒ですね。
しかも、出来上がりも同様に少々油っぽく、
コロッケというよりはハッシュドポテトのようです。
油は薄く引くぐらいでいいんじゃないかな。
そうすればこんがりと香ばしい豆コロッケが
できるように思います。


と、いうことで


★★☆
 
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/414
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS