温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
コヽア・プディング
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


353
監修:大下角一氏夫人 大下あや子
主婦之友 昭和九年六月号 「お八つ向き洋菓子の作り方」より

これは
1.ココア、メリケン粉、赤砂糖、ベーキング・パウダー、塩を
合わせてふるう。
2.卵白と卵黄(卵白1に対し、卵黄3)を泡立て、
牛乳、1の粉類を混ぜ、蒸す。
3.寒天を煮溶かし、砂糖を加え、「匙で掬つてはかけかけして、
斑(むら)なくかけ」て、固まらせる。
と、いうもの。
果物入バタ・クリームをつけるとなおよいとのことなので、
作って添えました。
バタ・クリームはバタと砂糖を合わせ、よく混ぜ、
果物を加えたもの。
加える果物は「砂糖漬でも乾果物でも」いいそうですが、
「新鮮な蜜柑の類のあるときなら、
搾り汁と皮を卸金で卸して少々混ぜると、
大へん風味のいいものができる」のだとか。
なので、たまたまうちにあった蜜柑で、
蜜柑バタ・クリームを作ってみました。


で、食べてみた。


まずはバタ・クリームをつけない状態でパクリ。
ココアの蒸しパンに寒天という組み合わせの味、
そのまんまですね。
蒸しパンは硬めで、もっさりとした食感だけど、
寒天をかけた部分は多少ふやけてしっとり感があり、
そこは食べやすいですね。
このもっさり感と寒天のつるつる食感の組み合わせが面白いです。

次にバタ・クリームをつけてパクリ。
これは美味しいです。
蜜柑の酸味でプディングの味が引き立ちます。
プディングと寒天だけだと少々ぼやけてるかな?と感じてた味も
バターのコクがプラスされることでぐっと美味しくなります。
加えて蜜柑とココアの味の組み合わせが風味よきかな。

ちなみに寒天をかけない状態で一口ぱくついてみましたが、
もさっとしつつも、これはこれで美味。
なんといいますが、単純にココア味の蒸しパンですね。
でもこれだとプリンにならないので、
やぱり寒天をかけてしっとり軟らかくするのがいいかな。
軟らかな食感となることで
よりココア味がはっきりとわかるようになるのが不思議。

昭和初期メニューで、スポンジと寒天の組み合わせといえば
カステラのゼリー」ですが、
しっかりみっしりとした蒸しパンを使っているので、
同じ寒天と組みあわせてるとはいえ、
カステラゼリーほどぶよぶよ感はなく、
むしろしっとりと軟らかな食感となります。
興味のある方は2つ並べて食べ比べてもいいかも。


と、いうことで


バタがないと★★☆
バタがあると★★★

 
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
以前ブルで投稿しましたが、Twitterとややこしくなるので、この名前で。
というわけで、通信速度の制限も無くなり、早速読みました。一目、なぬ?
ふむふむ、魅力的な名前でしたが、寒天をかけるに、ちょっと想像の域を超えました。今でも鮮烈ということは、当時かなり斬新でしたのでしょうね。当時砂糖の生産、消費、もしくは輸入量が気になります。そして気になったのはバターのクリーム。我々の世代だと子供の頃に食べたあのケーキ達。見た目はもの凄く美味しそうですが、食べ過ぎると胸焼けがしていた彼ら。それとは違うのですかね。柑橘類使用には脱帽です。風味が全く変わりますよね。それならココアのプディングの風味付けにそもそも何かを使ったらと思いますが……すいません、私は当時のことは先生程全くわからないものですから、選択肢がどれだけあったのか、検討つきません。今は色んな物が簡単に手に入りますからね。上述したケーキも今は生クリームが当たり前。技術の発達素晴らしい。Viva技術革新(笑)ではこのへんで。あっ、勝手に先生と呼んでます(^_^)v
| Masaki | 2016/06/03 1:45 AM |
Masakiさん

こんにちは。
寒天をかけるのはオドロキですよね。
バタークリームもオドロキの味。
子供の頃に馴染みのあったあの味とは少々違いますね。
それも蜜柑のなせる業かな、と。

確かにココアプディングそのものになにか工夫すれば
いいんじゃないのかなーとも思いますが、
当時はクリームやソースを加えることで
味が完成する、というメニューがたまに見受けられるので、
このお菓子もそういう類なのかな、と思います。

砂糖の生産などは調べてみないとわからないのですが、
ただ柳田國男が「この頃の料理は甘くなった」というような
主旨の話をしていたとのことなので、
砂糖をよく利用するようになったのが
この頃の特徴のひとつかもしれませんね。

それとそれと。先生というのはお恥ずかしい限りなので、
どうぞふつーに呼んでくださいませね^^;
| 山本直味 | 2016/06/05 11:04 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/417
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS