温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
佐伯秀男の玉子丼

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


359
主婦之友 昭和十三年一月号附録 『冬の和洋料理千種の作方』より

このブログにも何度か登場している『冬の和洋料理千種の作方』には
「名士と人氣者の千人料理」と題するコラムが掲載されています。
そこには当時の著名人がご自分の好きな料理の話や
そのレシピなどが書かれていまして、
以前、ここでも『水の江瀧子の「鍋」』というのを
紹介しています。
今回は映画俳優・佐伯秀男のお母様が
よく作ってくださったという玉子丼のご紹介。


これは
1.豚ひき肉をバタで炒め、カレー粉少しで香りをつける。
2.みじんにした玉葱をざっと湯がく。
3.肉と玉葱を醤油・砂糖で甘辛く煮付ける。
4.3にたまごをほぐし入れ、半熟になったところを御飯にかけてすすめる。
と、いうもの。


で、食べてみた。


美味しいですね。
醤油味がベースなので和風なんだけど、
バターとカレーがモダンテイスト。
しかもこの組み合わせ、ごはんがすすみます。

半熟ふわふわたまごと玉葱、豚肉それぞれの
食感もいいですね。
カレーは本当に香りをつけるぐらいがグー。
具材やバター醤油味を邪魔しません。

この料理、一月号での紹介ですが、
どちらかというと夏向きかもしれません。
レシピには分量が書かれていなかったので、
みなさんもお好みの味付けで、
是非お試しを。

ところでこの佐伯秀男さん。
なんと1968年(昭和43年)より
ボディービルを始めて、
1991年(平成3年)には
第26回東京ボディービル選手権の50歳以上の部で
特別賞を受賞しているそうです。
スゴイ!


と、いうことで


★★★


さて。
4月27日に放送された
テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」内で紹介した「ハム御飯」。
友人が「作ってみたよー!」とメールをくれました。
「ちょうどかんぴょうと干し椎茸と揚の煮物を
作っ」ってあったそうで、それを使って
「ハム御飯」を作ってくれたそうです。


「炊き込みご飯とピラフを足して二で割ったような
和洋折衷の味」で、
ハムがちょっと少な目だったせいか、
ハムの味が薄くなってしまったそうなのですが、
それでも「食べ込む美味しさ」で、
「かんぴょう、椎茸を噛むとダシの旨さと
バターの風味と甘さが合わさって
すんごく美味しかった」そうで、
「くせになるかも〜」とのことでした。
いつもいつもありがとう!

こんな風に、既にある煮物を使って
アレンジして作ってみてもオッケーだと思いますので、
どうぞみなさんも作って食べてみてくださいませね。

| comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
これは味に想像ができるくらい美味しそうですね
家に鳥ミンチがあるので鳥で作ってみようかな〜

佐伯秀男さんですが、戦前のPCLや東宝映画によく出ておられました
PCLではドラマ、東宝では戦争映画ですね
それが、・・・残念ながら私が今までに見た古今東西の男優さんの中で、ダントツ〜に演技が下手!笑
でも体格もいいし、上品で素敵なお顔で
私はその下手さ加減も味として好きでした

| 漣 | 2016/09/02 9:01 AM |
漣さん

これはほんとに美味しかったです。
なるほど、こういう玉子丼もあるのか・・・と
感心しきりでした。

佐伯秀男さんは私は知らなかったんですが、
そうですか、演技が・・・(苦笑)。
けど体格がいいというのは昔からだったんですね。
ぜひ出演作を見てみたいです。
ありがとうございます!
| 山本直味 | 2016/09/02 11:53 PM |
早速作ってみました〜ブログに写真を掲載しましたのでお時間がよろしい時にでもご覧いただけましたら幸いです。
鶏ミンチで玉ねぎもざっと放り込んで炒めてしまいました、笑。
美味しくてつい食べ過ぎてしまいました。素敵なお料理のご紹介ありがとうございました。

すみません、事前にお許しなく本文中にこちらのブログをリンクさせていただきましたが、もしご都合がございましたら記事を書き換えますのでお知らせくださいませ。
| | 2016/09/03 9:39 PM |
漣さん


早速ブログを拝読いたしました!
作ってくださってありがとうございますー!
器がすてきなので、さらにおいしそうに見えます!
私の器は昭和初期どころか、バリバリ平成モノです…(笑)。

ブログのリンクなどなど全く大丈夫です!
これからもお料理を作ってくださるとうれしいです。
なんといっても器がすてきですし。

これからもよろしくお願いします^^

| 山本直味 | 2016/09/04 12:03 AM |
こんにちは。
まず佐伯秀男さん。調べました。全く知らなかったです。これは読んでみて、近い材料があったので作ってみました。オリジナルとは少し遠いかもしれませんが、美味しかったです。卵丼や親子丼は大好きです。出汁をきちんとひいているとしっかりとした風味になりますからね。さてバターですが、フライパンに入れて溶かすときふとオリーブオイルを入れてみたところ香りがたったような気がしました。そうするとパンチェッタ入れたくなりますが、ひき肉を丁寧に焦がさずに。カレー粉ですが、程度によってはうどんにもアレンジ出来るかなと思ったので、次は試してみたいです。仰るとおりのバターのコクと日本人の好きなカレー風味は食欲をそそります。当時は英国製のカレー粉だったのでしょうかね。
さて今年は先生のブログに出会い、なんて言うか嬉しい出会いでした。
考えてみたら、我々のおばあちゃん達が食べていたり、作っていたりしていたものかもしれないという郷愁と新鮮さ。きっと昭和を迎えた当時の人々は生活の中で色々な新しいものに出会い、それらを生活に取り入れていった転換期だったのかなと思います。
先生にはいつも丁寧なお返事をいただいて、楽しく読ませていただいております。今夜は夜勤です。私たちの仕事は人様がお休みの時に稼ぐ仕事ですし、夜勤を向こうしばらく続きます。生活リズムはボロボロですが、食はきちんと作って食べていきたいです。今は便利でコンビニに美味しいお弁当がわんさかありますからね。でもゴミが増えるし、寂しいですよ。先生のご紹介をいただいたもので、昭和を思いながら、アイデアを来年もちょうだいいたしたいので、ご教授お願いします。
お身体お気をつけて頑張ってください。読んだことないけど、本業の漫画も意欲あるものを創作していってください。
来年ですでに平成29年。早いですね。歳を取ったわけですよ(笑)
今年は身内に不幸がありましたので新年のご挨拶みなさんに控えさせていただいてますが、良い年を迎えられることを心より祈念しております。
| Masaki | 2016/12/31 12:17 PM |
Masakiさん

こんばんは。
お返事が大分遅くなってしまってすみません。

玉子丼、作ってくださってありがとうございます!
なるほど、オリーブオイルを加えると
香りがよさそうです。
確かにこれはうどんにもアレンジできそうですよね。
佐伯さんは洒落た玉子丼を召しあがっていたんだなあ・・・と
しみじみ思います。

私のブログをそんなふうに言っていただいて光栄です。
ありがとうございます。
拙い腕で当時のレシピを再現しているだけではあるのですが、
当時の人々の生活などが垣間見えるかと思い、
それをちょっとでも伝えられたら、と考えています。

年齢を重ねると食ってつくづく大事なものだと感じます。
Masakiさんは不規則な生活のようですが、
お体にお気を付けつつ、食べ物でしっかり栄養を
とって日々頑張ってくださいね。
ブログレシピが少しでもお役に立てると幸いです。
栄養面も考慮されているので、どんどんアレンジして
暮らしに取り入れてくださると嬉しいです。

今年は漫画も頑張りたいのでブログはとっても
スローな更新になるかと思いますが、
またお時間のあるときに見に来てくださいませ。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
| 山本直味 | 2017/01/09 6:44 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/423
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS