温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
白(しら)すらいす

動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


360
婦女界 昭和八年七月号附録 『夏の病人料理全集』より

食欲の衰える夏に病人があった場合、
その病人の食欲を高めるような料理のコツや心得、
レシピなどを集めた『夏の病人料理全集』には
「夏の惣菜料理二百種」と題して
夏向けの料理に考案された料理も多々収録されています。
この料理はその「夏の惣菜〜」の中からチョイス。

白す干しとみじんに切った人参をバターで炒め、
そこに冷やごはん、愼Α刻んだパセリを加えて
さらに炒めます。
パセリは青い小葱でもいいとのこと。


で、食べてみた。


調味料はバターだけなんですが、
あっさりとしていて美味しいです。
ところどころに感じる白す干しや青豆の塩気で、
薄味が好みの私としては、塩加減は十分かな。
物足りない方は醤油をさすなどしてもいいかも。

豆の食感はアクセントとなります。
シャキッとした人参の歯触りもいいですね。
白す干しは潮の香りも感じさせ、
またパセリは爽やかさを演出します。
まさしく夏の料理といったところでしょう。

「白(しら)すらいす」という名前が面白くて
作ってみたのですが、
さっぱりとした炒めごはんで
おいしゅうございました。


と、いうことで


★★★

| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
こんばんは。
こちらのメニューはシンプルで美味しそう。仰るとおり個人的にはお醤油で仕上げてしまいそうです。バターと醤油は少し焦げる感じが大好きなんです。トウモロコシを焼いて醤油をびしゃびしゃじゃなくて、焼き入れてみたいな。しらすは徳川家康が好きでわざわざ静岡から江戸川に放流したらしいですね。この間テレビで言ってました。さてさて今日は鏡餅も片付けて、世間は通常に戻ってますかね。私は今夜勤メインなので疲れてなかなかお料理出来ない位疲れてますけど、山本さんはお身体お気をつけてみね。あっ山本さんでいいですよね?😄
| Masaki | 2017/01/11 11:07 PM |
Masakiさん


こんばんは。
はい、このメニューはシンプルながら美味しいです。
バター醤油にしてみたいですよね。

しらすのことは知りませんでした。徳川家康もやりますね〜(笑)。

私もちょっと立て込んでいるのでなかなか新作も作れず、
更新できずにおります。気長にお待ちくださると有難いです。
Masakiさんもお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

呼び名はもちろん山本で結構です^^
| 山本直味 | 2017/01/15 5:55 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/424
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS