温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
燒おにぎり辨當
動画「温故知新で食べてみた ♯1がんもどきのカレー煮」
好評公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=egN8cdnu75k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7988039


365
監修:大下角一氏夫人 大下あや子
主婦之友 昭和九年四月号 「お花見辨當六種の作り方」より

これは焼きおにぎりとおかずを組み合わせたお弁当です。
おかずは手前から蛤、椎茸、大根、薩摩揚です。

焼きおにぎりは「醤油をさつと刷きつけ」、テンピで焼きます。
もう一種類、愼Δ函⊂さく賽の目に切って塩茹でした馬鈴薯を混ぜた
焼きおにぎりも作りました。
こちらのおにぎりは、なまこ形に「恰好よく」成形してから
「醤油を刷きつけて」焼き、
冷めてから切ってお弁当に詰めます。

おかずは「すゞめ燒や蛤のつけ焼、
野菜と薩摩揚のお煮〆などを添へませう。」とありましたので、
蛤を醤油に浸けて焼いたもの、
大根と椎茸を醤油、砂糖で煮〆たもの、
薩摩揚も同じように煮〆たものを入れました。
すゞめ燒というのは、出来上がり写真を見ると、
フナなどの小魚を背開きにして醤油だれで焼いた料理のことかな。
これは「燒いたのを買ふことにします」とありまして、
今回は買いませんでした。

「いづれも手づかみで頂けるやうに、手頃の串に」刺します。


で、食べてみた。


まずはプレーンの焼きおにぎりをぱくり。
ほんのり醤油が香ばしくて美味しいですね。
薄く刷き付けるぐらいなので塩加減がちょうどいいです。

次に野菜入り焼きおにぎりをぱくり。
こちらも美味しいですね。
薯と豆のほくほく感がよく、
こちらも醤油の香ばしさがグー。
ただ、具材が入っている分、
おにぎりがパラパラとこぼれやすいです。
ちょっとだけ、食べずらいかも。

そしておかず。
大根、椎茸、薩摩揚はやさしい甘辛味で美味。
蛤はちょいと塩辛いかなぁ。

食感の違う具材を揃えたのはいいですね。
ただ、見事にすべてが醤油味なので、
ご飯がすすむとは思いますが、
現代人にとっては味や色どりが単調に感じられちゃうかも。
なので、現代で作るのならば、
それぞれに変化を持たせるおかずを足すといいんじゃないかな。
その場合、おかずは「いづれも手づかみで」
食べられるようにと串刺しの工夫がされていますので、
つけ足すおかずも、一口サイズで串に刺せるように
調理・加工をするといいのでは。

小さなおかずがいっぱい詰まった、可愛らしいお弁当。
皆様の御家庭でそれぞれアレンジして
平成の「燒きおにぎり辨當」を作ってみてはいかがでしょうか。



と、いうことで


★★☆



 
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/430
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS