温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
サケの油いため

027
監修:報知新聞編輯局
文正堂書店 昭和四年十二月発行 
         「我家の自慢料理」より

この本は、当時の報知新聞の家庭欄に投稿された家庭料理と、
それについて文筆家・本山荻舟(もとやまてきしゅう)氏が書いたコメントを
まとめたものです。
こちらの料理は千葉にお住まいの島田某さんから投稿された料理で、
ほぐした鮭、玉ねぎ、紅生姜を油で炒め、砂糖で煮たものに
もみ海苔を散らしたもの。

で、食べてみた。

・・・甘いっ。
でも鮭の塩気とからんでちょっと面白い味です。
しょうがも効いているので、魚をしょうがで煮付けた感じです。
なんとなくすき焼き風と思えなくもないし。

本来は砂糖をたんまりと入れますが、ほどほどの加減にすれば
普段のおかずでもよろしいかと思います。
のりは多めにまぶす事をオススメ。

ところで本山氏、この料理に関して「甘いのは私らにはキビシイけど奥さま方は好きかも。
けど紅生姜の油いためって・・・(汗)」的なコメントをしております。
確かにナゼに油いため、しかも紅生姜。
そこはなかなかいい所を突いてると思いますが、
奥さま方でも甘いのはどうかと思います・・・。

と、いうことで

★★☆
| comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
しゃけが甘いのか…。
お弁当にはよさそうだね。

しかし、評価低いね。
もう作らん!ってか。
| | 2006/11/15 3:16 PM |
そうですね、彩がきれいですからお弁当によさそうですね。

評価が低いのは、実は紅生姜が苦手なので・・・^^;
| nawomayo | 2006/11/17 8:14 PM |
昔ばっちゃんから聞いた話だと、甘いもの=高級というのがあるそうで、何にでも砂糖を振りかけるのが一時期流行ったそうです。

このサケの油炒めはどうか分かりませんが、見てるだけで甘そうw
しょうがはつけ汁と実を入れるんですか?でも甘そう。。。。。

ふーーーむ面白いですね。
| なっと | 2006/12/04 1:19 AM |
>なっとさん

確かにこの頃なども砂糖を多用するのが流行りだったようですね。
生姜は紅生姜のみを使います。
本当に、甘いです。海苔でかろうじて踏みとどまってる感じですね。
| nawomayo | 2006/12/05 10:42 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/45
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
とりとめのないこと書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS