温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
豚肉の芋クリーム和へ

034
監修:東京料理学校講師 高橋寅松先生
主婦之友 昭和六年十一月号 
       「一人前五十銭で出来る簡単で美味しい季節のお客様料理」より

これは大和芋を裏漉しして牛乳で伸ばし塩で味付けしたものを、
茹でた玉葱・人参・豚肉・銀杏と和えたもの。
本来なら銀杏も一緒に和えるのですが、入れ忘れちゃったのでトッピングしてみました。

で、食べてみた。

普通に美味しくて、面白い食感ですね。

裏漉しした山芋は舌触りがざらざら。
けれど摩り下ろしたものよりとろみがあります。
きっと先生は山芋でホワイトソースを作りたかったのでしょう、
それに近いクリームが出来上がりました。
具材に人参や玉葱があるからでしょうか、なんとなくシチューっぽい感じもします。

味はかなりあっさり、そして少しではありますが牛乳臭さを感じます。
胡椒で味を引き締めるなどした方がいいでしょう。
色も全体的に白っぽいのでグリンピースなどで鮮やかさを演出してみてはいかがでしょう。
けれどあっさり風味がお好みの方はこのまま召し上がってもよろしいかと思います。

それとこの料理、体調のすぐれない時などにも食べやすいおかずになると思います。
その時は豚を小さく切り分けた方がより食べやすいですね。

と、いうことで

★★★
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
これは、うまそう。でも、薄味?
クリーム あへ

っつーのあいいね。

しかも、寅末。名前もいい!でも、結構高いね材料費。
| とら | 2007/03/13 11:13 AM |
>とらさん

これは薄味ですが美味しいですよ。
材料費がかかりそうなら秋まで待って銀杏は銀杏並木で
拾ってきましょう。
| nawomayo | 2007/03/13 10:42 PM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/52
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
なんとなくかいてみた
「山本真冬」って名前で
由無し事だの
ちょっと不思議な昭和初期の
マンガだのを書いてる
ブログ。
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS