温故知新で食べてみた

戦前、主に昭和初期の料理本や婦人誌に掲載されたレシピを、
実際に作って食べて昔の日本をプチ体験。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
豚肉小判焼き、こし薯かけ

050
料理の友 昭和六年六月号「いざ!!といふ時役立つ和洋一品料理」より

これは豚肉・玉子・メリケン粉・塩・を合わせ混ぜ胡麻油で焼いたものに
裏漉ししたじゃがいもを乗せたもの。
要はハンバーグじゃがいも添えですね。

で、食べてみた。

胡麻油風味のハンバーグは仕上げに醤油と味醂をからめますのでみごとに和洋折衷です。
ただハンバーグに胡椒を加えて、もうちょっと味を締めたかったですね。
いもはふわふわとして見た目にきれいですね。
グリンピースを添えるあたりもモダンな感じはしますが、
残念なことに裏漉ししたいもをただ乗せているだけなので、食感がパッサパサ。
ハンバーグと合わせて食べるにもボロボロと零れ落ち、なかなか難しかったです。

また、いもに味気がないので(しかもパサパサなので)、
せっかくの和洋折衷の味が少々ボケてしまったように思います。
マッシュポテトとまではいかなくても、少しとろみや味をつけるなどすれば
ハンバーグと合わせて食べても美味しかったのではないでしょうか。

「いざ!!といふ時役立つ料理」というタイトルや見た目から想像するに、
急なお客様がいらした時などにささっとできる料理として考案されたのかな?と
思いましたが、それでもいもはもうひと手間あった方がベターかな。

と、いうことで

★★☆
| comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
昭和6年の イザ! という時を思い浮かべたら
おもろくなってきた。
うちの大正生まれの死んだばあちゃんもイザという時作ったんだろうか。
聞きたかったなー。
| とら | 2007/09/03 5:54 PM |
>とらさん

当時のいざ!は何だったんだろうね?
この本もそのへんのエピソードも入れながらレシピ作りをしてくれたら
面白かったのに^^
| nawomayo | 2007/09/04 12:34 AM |
当時の読者には、台所で見て覚えた料理の素養があったのでしょう。
レシピを書く側もそれを前提に記述をしたのでは

芋にもうひと手間かけ、少々の味を加えることなぞ、
いちいち記述するほどのことではなかったんだと思います。
そこら辺は、手元にある材料で、様子見ながらうまくやるのが当然だったんでしょうね。
| | 2008/12/07 3:54 PM |
〉レシピを書く側もそれを前提に記述をしたのでは


おっしゃるとおりかもしれません。
ただこのブログではそういった前提を踏まえず、
書いてあるままの料理を作り、それについて率直な感想を述べさせて
いただいておりますことをご理解いただけるとありがたく存じます。

| | 2008/12/14 12:28 AM |









http://nawomayo.jugem.jp/trackback/71
PAGE TOP   

『温故知新で食べてみた』が本になりました


主婦の友社より絶賛発売中!
PROFILE
MEDIA
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
山本直味 Twitter
LINKS
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS